LINEで送る
Pocket

トヨタ オーリス ヘッドライト コーティング 剝げ修理事例新車時のオリジナルハードコーティング膜が剥がれてきています。膜は右の隅に少し残っているのみです。この状態でいくらポリッシャーで磨いて、保護材を塗布しても、1ケ月ぐらいからだんだん、もとのもくあみになるのが予想されます。
MH21S ヘッドライトリペアまずはまずは荒目の耐水ペーパーで表面のオリジナルコーティング膜を完全に除去します。だんだん白くなっていきますが、大丈夫です。最終仕上げはかなり細かい耐水ペーパーで磨きます。
MH21S ヘッドライト磨

今度はポリッシャーにコンパウンドをつけて磨いていきます。これも荒めから、細目、微粒子とだんだんと細くしていきます。かなり透明度が復活してきました。このままでもいいような感じですが、さらに透明度をアップさせ、黄色化を防止する目的でヘッドライトの専用のクリアをスプレーガンで塗装します。
ヘッドライト塗装 マスキング他の部分にクリアがつかないように周辺部をマスキングします。車によってはヘッドライトを外すこともあります。ヘッドライトリペア

やはりヘッドライトは車の顔、ヘッドライトがみすぼらしいと車も古く見えてしまいますが、リペアして新車のようになると俄然、車も新しく綺麗に見えますね。ヘッドライトのリペア修理はトネオートサービスへお気軽にご相談ください。

大分県速見郡で鈑金塗装と車検整備の工場をしています

刀根 巌
刀根 巌トネオートサービス代表者
大分県速見郡で鈑金と整備の工場をやっています。
車のことならお気軽にご相談ください。
電話:0977-73-0514
LINEで送る
Pocket