テレフォンサービス

板金塗装 板金編

フィットのドア、穴あき修理、鈑金塗装事例です。

  • フィット ドア 穴あきフィットのドア穴あき修理です。大きくあいています。ガードレールか何かに引っかけたようです。これは、鉄板で埋めるしかないですね。交換してもよいのですが、お客様と相談の上、修理でいきます。フィット パテまずは、鉄板で穴を塞いだ上に、ファイバーパテを盛り削っていきます。
    フィット ドア 修理ファイバーパテは巣穴が大きいので、歪取りもかねて、ポリパテを盛って、削っていきます。
    ストレートサンダーパテの上にプライマーサフェサーを塗って、ストレートサンダーで研いでいるところです。ここらへんになるともうひといきです。
    ドア プラサフ 塗装調色ライトをあてて、色合わせをしています。シルバーは角度によって色がかわるので、隣のパネルと合わせていきます。
    クリヤー マスキング塗装ブースにて、クリヤーペイントまで、終了しました。あとはヒーターで熱して、塗料の硬化促進させます。
    フィット ドア 中波ヒーター

ヒーターで熱したあと、ブツとりして、ポリッシャーで磨きます。このような機械で、できあがりまでのスピードアップを図ります。お客様できあがりまで、もう少しですので、おまちください。

-板金塗装, 板金編

© 2021 大分市・別府市のキズヘコミ事故車の修理は速見郡日出町のトネオートサービス